ENGINEERING IT ONLINE

IT ONLINE トップページ | ENN-net | 購読・サンプルのお問い合わせ | バナー広告について
BIM / CIM | CAD | ERP | IoT | 3D 計測 | プロジェクト・設備管理 | イベント | インタビュー | クラウド | シミュレーター
事業戦略 | セキュリティ | 施工管理 | 設計管理 | データ管理 | 連 載 | 解 析 |
その他
2017年 1 月 | 2 月 | 3 月 | 4 月 | 5 月 | 6 月 | 7 月 | 8 月 | 9 月 | 10 月 | 11 月 | 12 月
2016年 1 月 | 2 月 | 3 月 | 4 月 | 5 月 | 6 月 | 7 月 | 8 月 | 9 月 | 10 月 | 11 月 | 12 月
2015年 1 月 | 2 月 | 3 月 | 4 月 | 5 月 | 6 月 | 7 月 | 8 月 | 9 月 | 10 月 | 11 月 | 12 月

CST、次世代PMS「ARES PRISM日本語対応版」リリース
国際インフラプロジェクト定番を国内企業に本格展開
千代田システムテクノロジーズ(CST)はこのほど、次世代プロジェクトマネジメントシステム「ARES PRISM日本語対応版」をリリースした。「ARES PRISM」は、米ARES Project Management LLC社が開発した製品で、CSTは、・・・
続きを読む プロジェクト・設備管理 2017.9.4

ベントレー「2017 Be Inspired Awards」ファイナリストを発表
印NJSエンジニアーズがJICA案件でファイナリストに
ベントレーシステムズはこのほど「2017 Be Inspired Awards」プログラムのファイナリストを発表した。毎年開催されるこのイベントでは、インフラストラクチャの設計、建設、運用において、優れた業績を上げた世界各地のベントレーユーザに賞が授与される。
続きを読む イベント 2017.9.4

Hexagon、インターグラフSDAを発表
情報管理プラットフォームのリリース第一弾
Hexagonはこのほど、インターグラフ・スマート・デジタル・アセット(SDA:Smart Digital Asset)コラボレーションモジュールを発売すると発表した。今回のリリースは、HexagonによるSDA情報管理プラットフォームのリリース第一弾となるもの。
続きを読む プロジェクト・設備管理 2017.9.4

ハネウェル、安全なリムーバブルメディアの使用を実現
「SMX」でリムーバブルメディアの保護を実現

USBメモリースティックは、デジタルデータを移動するうえで、有効なメディアの一つだ。ところがこの数年、このメモリースティックが原因で、ウィルスが侵入するなどの問題が相次いで起こり、最近では、その使用を禁止している企業も少なくない。
続きを読む セキュリティ 2017.8.4

ベントレーとシーメンス、協業が生み出す新たな効率向上
デジタル化した資産を視覚的に運用
エンジニアリングソリューションのベントレー・システムズと独シーメンスの協業により、プラントの新しいアセットマネジメントが実現されようとしている。ベントレーとシーメンスは、かねてから、様々な機会に協業しながら事業を展開してきた。
続きを読む プロジェクト・設備管理 2017.7.20

厳しい事業環境下でリブランドしたヘキサゴンPPM
グループとしてのシナジーに期待、インターグラフの製品名は維持に

6月に、インターグラフPP&M(プロセス・パワー&マリン)が、ヘキサゴンPPMに社名変更された。インターグラフが最大手の測定器メーカーであるヘキサゴンに買収されたのは2010年7月。以後、ヘキサゴンのほとんどの事業部がヘキサゴングループとして運営されてきたが、インターグラフのブランドは・・・
続きを読む 事業戦略 2017.7.20

スパーポイントリサーチ代表 河村 幸二 氏
大衆化時代に突入した3次元計測、今重視される「ユースウェア」
プラントでは、ディメンジョナルコントロールへの活用も視野
レーザスキャニングによる3次元計測は普及し続けている。廉価なスキャナの登場や、データ処理ソフトの技術開発などにより、加速度的に普及し、最近では「大衆化」とも言われるようになった。こうした中で、「今、求められるのは、ユースウェア」とスパーポイントリサーチ社の河村幸二代表は指摘する。
続きを読む インタビュー 2017.6.28

ベントレー・システムズ
シニアバイスプレジデント Santanu Das 氏
一貫したソリューションで水処理設備のライフサイクルをサポート
「ConnectEdition」で新たな価値を創造、次のテーマは「予知」
ベントレー・システムズが2年前に実用化した「ConnectEdition」。これにより、クラウド環境で設備の現状が有機的につながるようになり、リアルな世界に、新たな価値が付加されるようになった。このソリューションを水処理設備のライフサイクルに活かせば、リアルな設備管理が可能になる。
続きを読む CAD 2017.6.19

インターグラフPP&M、ヘキサゴンPPMに社名変更
ヘキサゴンとの連携をより強化
インターグラフ・プロセス・パワー&マリン(インターグラフPP&M)は6月5日に、ヘキサゴンPPMに社名を変更した。今後は親会社のヘキサゴンと連携をより強化する。新生「ヘキサゴンPPM」は、プロセス、パワー、マリンとしての歴史を残しつつ、限定された業界にしばられることなく、従来の市場や業界を超えて事業を拡大することを狙う。
続きを読む CAD 2017.6.19

ベントレー、3Dリアリティモデリングソリューションをセット販売
施設設計と測量業務で
ベントレー・システムズはこのほど、写真から3次元モデルを作成するソフトウェア「Context Capture」を、施設設計業務と測量業務に特化したベントレー3次元ソリューション(Microstationなど)とセットにして、3次元リアリティ・・・
続きを読む CAD 2017.5.23

米ARES社「PRISM」、AACEから2017年最優秀賞
コストマネジメント分野で

米ARES社のプロジェクトライフサイクルマネジメントシステム「PRISM」が、5月1・2日にドバイで開催された、「AACEインターナショナルカンファレンス2017」において、コストマネジメント分野における2017年最優秀賞を受賞した。
続きを読む プロジェクト・設備管理 2017.5.19

IFS、アメリカン航空子会社向けに整備管理システム
「IFS Maintenix」を全社的に導入
スウェーデンのERPベンダーでありIFSはこのほど、アメリカン航空グループのPSAエアラインズが航空機の整備管理支援のため、「IFS Maintenix」を導入したと発表した。今回のPSAエアライン図からの受注は、コパ航空、ケープエアー、サウスウェスト航空などの大手航空会社からの受注契約に次ぐもの。
続きを読む プロジェクト・設備管理 2017.5.19

インターグラフ、「CADWorx」で「BricsCAD」に対応
「AutoCAD」と「BricsCAD」の2種類のエンジンに対応
インターグラフはこのほど、ICAS(Intergraph CADWorx & Analysis Solutions)製品の3次元CAD「CADWorx」のエンジについて、ベルギーのBricsys社が開発した「BricsCAD」と従来の「AutoCAD」のいずれかを選択できるバージョンを発売した。
続きを読む CAD 2017.4.27

「テクラユーザーデイ2017」開催
トリンブル・ソリューションズ、大阪・東京で
トリンブル・ソリューションズは、4月13日に大阪、19日に東京で「テクラユーザーデイ2017」を開催した。「テクラユーザーデイ」は毎年、この時期に開催されるイベントだ。今年も例年通りに、3月にリリースされたバージョンアップの内容を紹介するものとなった。
続きを読む CAD 2017.4.27

オートデスク、日建設計とパートナーシップ
2020年以降のグローバル市場にBIM体制構築
米オートデスクはこのほど、日建設計と戦略的なパートナーシップ契約を締結した。このパートナーシップ契約に基づき、オートデスクは保有するほとんどのソフトウェアのクラウドサービスを日建設計がグローバルに利用できる体制を構築する。特に、両社は東京オリンピック後の2020年以降のグローバル市場を見据えて、都市計画・・・
続きを読む BIM / CIM 2017.4.27

構造計画研究所、粉体・混相流シミュレーションソフトを開発
「SOLIDWORKS」アドインソフト「iGRAF」
構造計画研究所はこのほど、「SOLIDWORKS」アドインの粉体・混相流シミュレーションソフトウェア「iGRAF(Integrated Granular Flow Simulation Software/アイグラフ)を開発、サービス提供を開始した。「iGRAF」は、粉体を用いたシミュレーションや、粉体が含まれる混相流(固体・気体・液体など、物質の相が混ざり合った流れ)を模擬できるシミュレーションソフトウェア。
続きを読む 解 析 2017.4.19

米トリンブル、最新バージョン「Tekla Structures 2017」をリリース
コミュニケーションとモデリングの効率を改善
米トリンブル社がこのほど、構造エンジニアリングから製作・施工のワークフローを効率化するBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフトウェアである「Tekla Structures」の最新バージョン「Tekla Structures 2017」をリリースすると発表した。
続きを読む BIM / CIM 2017.3.17

トプコン、ベントレーのリアリティモデリングソリューションと
自社無人航空機システムを統合
トプコン・ポジショニング・グループはこのほど、トプコンの持つ無人航空機システムとベントレーのリアリティモデリングソリューションである「Context Capture」を統合したソフトウェアを「Topcon Context Capture」として紹介した。
続きを読む 3D計測 2017.3.15

2月25日号【特 集】柔軟性が求められるエンジニアリングIT
3次元CAD使用でアヴィバが躍進
クラウド使用禁止企業は45%、引き続き多い慎重派
毎年、1~2月に実施している「エンジニアリングITツール」に関するアンケートだが、今年は3次元CADでアヴィバが最大シェアに躍り出るという変化があった。この分野はこれまで、インターグラフが最大シェアを誇ってきたが、中規模から大規模プロジェクトまで幅広く対応できるアヴィバが躍進した。
  ■3次元CADでアヴィバが最大シェア
  ■架構とBIMで「Tekla Structures」が検討
  ■OSは「Windows7」が大半
  ■引き続き強いクラウド慎重論
続きを読む CAD 2017.2.21

水力発電所建設プロジェクトでも威力を発揮する「TeklaStructures」
材料集計や建設スケジュール管理にも有効
トリンブル・ソリューションズの「TeklaStructures」は、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフトウェアとしてよく知られている。しかし、その機能は発電プラントの建設でも役に立つものが多い。
続きを読む CAD 2017.2.21

ベントレー・システムズ CEO グレッグ・ベントレー 氏
CONNECT Edition」でインフラ・プラントの統合管理が可能に
クラウドが作り出す新領域で、向上する生産性
ベントレー・システムズがこの数年、クラウドを利用した「CONNECT Edition」を積極的に売り込んでいる。クラウド上でシステム同士がつながり、従来に無かった機能の向上も実現できる。これにより、インフラやプラントのライフサイクルをシームレスかつ統合的に管理できるようになった。
続きを読む インタビュー 2017.2.21

ロードスプリング社 社長兼CEO エリック・レイトン 氏
クラウド環境で200以上のアプリケーションを提供
日本ではCSTと提携、万全のセキュリティで複雑化する
プロジェクトにも対応
ロードスプリング社は2000年からクラウド環境で各アプリケーションを提供するサービスを提供してきたユニークな企業だ。ベンダーに依存することなく、プロジェクトベースでクラウド環境でアプリケーションを提供できるのが、そのサービスの特徴だ。
続きを読む インタビュー 2017.2.7

FETEC、設備管理システム「PLANTIA」の最新バージョンをリリース
ユーザーの声を反映、「使いやすさ」を追求
富士通エンジニアリングテクノロジー(FETEC)は、昨年3月に、日揮が日揮情報システム(J-SYS)の全株式を譲渡したことにより生まれたICTサービスインテグレータだ。そのFETECがこのほど、J-SYSが発売し、わが国で最も普及した・・・
続きを読む プロジェクト・設備管理 2017.1.19

ベントレー「Context Capture」が急速に普及
デジカメ画像から容易に3Dモデルを作成
ベントレー・システムズの「Context Capture」が急速に普及し始めている。「Context Capture」は、デジタルカメラで撮影した画像から詳細な3Dモデルを自動生成するソフトウェア。3Dモデルを作成する方法には、3Dのレーザスキャニングもあるが・・・
続きを読む 3D計測 2016.12.22

アヴィバ、プロジェクト契約管理ソフト「AVEVA ProCon」を本格販売
有力オーナ・オペレータが使用、プロジェクト効率化・コスト削減に効果
アヴィバは2015 年1月に買収した「8OVER8 LIMITE4D」が開発したプロジェクト契約管理ソフト「AVEVA ProCon」の国内での販売を本格化する。これまで、シェル、BPなどの石油メジャーをはじめ、有力オーナ・オペレータが活用してきたソフト・・・
続きを読む 施工管理 2016.12.22

富士電機、設備診断サービスを本格的に展開
対象設備は、発電・変電・ユーティリティ・プラントまで幅広く対応
わが国の大型装置には高経年設備が少なくない。これら設備に対して、適切な保全を行うには、設備の状況を知ったうえで、適切な保全を行う必要がある。これを実現するうえで、重要な役割を果たすのが設備診断だ。富士電機は、この設備診断サービスを・・・
続きを読む プロジェクト・設備管理 2016.12.22

ベントレーが「YII2016」で示したライフサイクルソリューション
コモンプラットフォームを支えるインターオペラビリティ
11月1日から3日までの3日間、ベントレー・システムズがロンドンで開催した「THE YEAR IN INFRASTRUCTURE 2016 CONFERENCE(YII2016)」では、世界各国から集められたユーザー事例とベントレーの事業戦略が発表された。
続きを読む  事業戦略 2016.11.18

ベントレー・システムズ
CPO ブッピンダ・シン(Bhuppinder Singh)氏
クラウド時代にマッチしたインターオペラビリティ
ユーザーニーズを反映したデジタル・ワークフロー作りに軸足
ベントレー・システムズは長年に渡り、インターオペラビリティ(相互互換性)を重視したソリューション開発に取り組んできた。その取組は現在のようなクラウドの時代になって、結実しようとしている。インターオペラビリティは、クラウド環境で・・・
続きを読む インタビュー 2016.11.18

ベントレー・システムズ、クラウド上にオプショニアリングセンターを開設した
アナリシスデベロップ部門

オフショア施設の解析ソフトでは、世界的なデファクトスタンダードでもある「SACS」。長年に渡り、「SACS」を手掛けてきた、上級副社長のフィル・クリステンセン氏だが、2014年半ば以降の原油価格の値下がりにより、オイル&ガス分野の「SACS」の・・・
続きを読む その他 2016.11.18

ベントレー・システムズ、「AssetWise」の「CONNECT Edition」のリリースでアセット・パフォーマンスの統合ソリューションが可能に
ベントレー・システムズで、アセット・パフォーマンス・アドバンスメント部門のリーダーを務めるのは、上級副社長のアラン・キラリー氏。この部門では、「YII2016」開催期間中に、アセット・パフォーマンス・ソリューションである「AssetWise」の・・・
続きを読む 施工管理 2016.11.18








㈱重化学工業通信社
 
このホームページに関するご意見・ご感想をお寄せ下さい。   E-mailでのお問い合わせ
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は ㈱重化学工業通信社 に帰属します。
Copyright 2002~2017 The Heavy & Chemical Industries News Agency, all rights reserved.