エンジニアリング・ネットワーク
毎月10日・25日発刊
半年購読料:31,900円(税込)
年間購読料:53,900円(税込)


購読・サンプルお申込み  広告掲載について   バナー広告について   製品記事掲載について
重化学工業通信社  


 News Record  その他の記事         (2024年2月25日号)
※本文は一部を抜粋したものです、詳細はENN誌をご覧下さい

 重工コンプレッサ、加ダウがターボ機械サプライヤーに選定
 ネットゼロエチレン分解装置向け
三菱重工業グループの三菱重工コンプレッサ・インターナショナル・コーポレーション(MCO-Ⅰ)は、このほど世界初のネット・ゼロ・スコープのエチレンクラッカー2炉を建設するフォート・サスカチュアン・パス2 ゼロ・プロジェクト向けにターボ機械パッケージをダウに供給する契約を締結した。



 JFEエンジ・ネシア法人、塩ビ樹脂原料貯蔵設備増設を受注
 東ソーネシア法人から、東ソーグループから受注相次ぐ
JFEエンジニアリングのインドネシア現地法人であるPT JFEエンジニアリングインドネシア社はこのほど、東ソーと三井物産のインドネシア合弁会社であるPTスタンダード・トーヨー・ポリマー社から、ジャワ島西部メラクにおいて塩化ビニル樹脂原料向け球形タンクの・・・



 クボタ環境エンジ、汚泥再生センターを受注へ
 DBO方式で建設と維持管理・運営
クボタ環境エンジニアリングは近く、兵庫県三木市から「クリーンセンター施設整備・運営事業」を受注する。DBO(デザイン・ビルド・オペレート)方式による汚泥再生センターの建設・運営事業。クボタ環境エンジは2026年3月までに、既存の日量60kLのし尿処理施設を・・・



 水処理プラントの受注、相次ぐ
 三機工業、クボタ環境、日造が受注
日本下水道事業団による水処理プラントの入札がこのほど相次ぎ、三機工業が「魚津市浄化センター汚泥処理設備工事その6」(富山県魚津市)、クボタ環境エンジニアリングが「廿日市浄化センター汚泥処理設備工事その8」(広島県廿日市市)、日立造船が・・・


 FOCUS  Back Number
 連携強化を図るエンジニアリングIT
今年の「エンジニアリングITアンケート」でも、高コストパフォーマンスのソリューションへの支持が高かった。その背景には、世界的に超大型プロジェクトが減少し、中小型プロジェクトが増加傾向にあるという状況がある。プロジェクトの規模が縮小するのに伴い、求められるのは、低価格のソフトだ。低価格のソフトであれば、幅広い設計サブコンでも使用でき、発注側の元請においても、新たなソフトウェアの購入が求めやすくなる。こうした中で、ベテランの引退に伴う、技術ノウハウの伝承の課題が浮かび上がる。ベテランの技術ノウハウをアルゴリズム化して自動ルーティング機能を搭載した「PlantStream」への支持は今後、高まりそうだ。

 【総 論】
  連携強化を図るエンジニアリングIT
  求められる、効率向上と高コストパフォーマンス

 【AVEVA】
  ポートフォリオの拡大で強化されたライフサイクルへの展開
  プラントの建設・操業に関わるすべてのデータを同一プラットフォームで共有

 【オートデスク】
  他ソフトとの連携強化でデータ交換機能が充実
  「AutoCAD Plant 3D」の、ウェブを活用したチュートリアルテキストも充実

 【TIS千代田システムズ】
  「バルブパターン管理機能」を開発、抜け・漏れを撲滅
  昨年10月に、新バージョンに搭載、配管・機器管理の効率を向上

 【トリンブル・ソリューションズ】
  加工・組立工程の完全無人化のサポートなど、時代ニーズに即した機能を拡充
  サブスクリプション契約の増加にも情報セキュリティ強化で対応

 【PlantStream】
  1分間で約1,000本の配管を自動ルーティング
  仏テクニップなどが採用、3カ月毎にバージョンアップも実施

 【ヘキサゴンALI】
  「EYECADシリーズ」のP&IDを5月末に発売
  「CAESARⅡ」との連携を強化


 Cover Story  Back Number
 ファストデジタルツインを提供するブラウンリバース社
 「迅速さ」と「容易さ」で、新たなスマート保安を提案
二十数年前、レーザスキャニングによる3次元計測技術のプラントメンテナンス分野への活用が注目された。しかし、この方法で得られる計測値は精度の高い物では無かった。このため、その普及を否定する意見もあった。国内では、その活用が疑問視された3次元計測だが、欧米では徐々に広まった。理由は「精度に問題があっても、用途は必ずしも精度を求めるものばかりではない」からだ。要は「使える用途に使えば良い」のである。こんな背景がある、レーザスキャニングによる3次元計測だが、ブラウンリバース社はファストデジタルツインによるサービスで、徐々に市場を拡大、新たなスマート保安を提案している。




  【見本誌 / 購読のご案内】  【広告掲載のご案内】   【リンクについて】


 バックナンバー (2004~2024年)
 FOCUS (2004~2024年)
 TOPICS
    2024年
    2023年  2022年  2021年
    2020年  2019年  2018年
    2017年  2016年  2015年  
    2014年  2013年  2012年
    2011年  2010年  2009年
    2008年  2007年  2006年

 Engineering Now
    2024年
    2023年  2022年  2021年 
    2020年  2019年  2018年
    2017年  2016年  2015年 
    2014年  2013年  2012年
    2011年  2010年  2009年
    2008年  2007年  2006年

 News Record
    2024年  2023年  2022年 
    2021年  2020年  2019年
    2018年  2017年  2016年   
    2015年  2014年  2013年 
    2012年  2011年  2010年 
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年

 My Opinion
   2024年  2023年  2022年
   2021年  2020年  2019年
   2018年  2017年  2016年
    2015年  2014年  2013年   
    2012年  2011年  2010年 
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年

 Cover Story
    2024年  2023年  2022年
    2021年  2020年  2019年
    2018年  2017年  2016年
    2015年  2014年  2013年
    2012年  2011年  2010年
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年

 Suppliers Now
    2024年
    2023年  2022年  2021年
    2020年  2019年  2018年
    2017年  2016年  2015年
    2014年  2013年  2012年





ENN見本はこちらをご覧下さい



My Opinion 詳 細
・Hexagon ALI ディビジョン
  代表取締役社長 大坂 宏 氏



TOPICS 詳 細
・ブラウンリバースと危険物保安
  技術協会がスマート保安を推進



Engineering Now 詳 細
・より人間に近付いた、リアルハプティ
 クス搭載6自由度ヘキサロボット


Suppliers Now 詳 細
・伊SOLEXY WIRELESSが
  防爆エリアでの無線通信を実現



㈱重化学工業通信社
 

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
このホームページに関するご意見・ご感想をお寄せ下さい。    E-mailでのお問い合わせ
著作権は ㈱重化学工業通信社 に帰属します。
Copyright 2002~2024 The Heavy & Chemical Industries News Agency, all rights reserved.