ENGINEERING IT ONLINE



    IT ONLINE トップページ / ENN-net / 購読・サンプルのお問い合わせ / バナー広告について


 2021.2.24
 ENN2月25日号 特集:「エンジニアリングITアンケート 2021」
 プラント設計CADでは、ハイエンドよりも普及型がシェアを拡大
 新型コロナ感染拡大で在宅での利用が増加


データマネジメントソフトでは「BIM 360」が高シェア


Q5:プロジェクト(エンジニアリング・データ・マネジメント・ソリューション)
   として、そのソフトを使用していますか?
 複数回答可

 「BIM 360(オートデスク)」が12%で最大シェアとなった。2番目となったのが、「SmartPlantFoundation/Enterprise/Fusion(Hexagon)」で8%、さらに3番目には「AVEVANET(アヴィバ)」と「EcoSys」がいずれも5%だった。

 「その他」には、「IIJドキュメントエクスチェンジサービス」「Aras Innovator(アラス・ジャパン)」「Invantor Vault(オートデスク)」のほか、自社システムという回答もあった。


Q6:どのメーカーのレーザスキャナを使用していますか? 複数回答可

 最大シェアとなったのが「FARO」で22%を占めた。低価格のレーザスキャナで、3次元計測の普及に火を点けたFAROだが、価格的な優位性もあって、エンジニアリング業界でも普及している。2番目となったのは、「LEICA」で17%を占めた。FAROに次いで普及型のス
キャナを発売して、徐々にシェアを上げている。3番目は「Z+F」でシェア6%。FAROを追随するように低価格対のレーザスキャナを発売しており、最近は徐々にシェアを増やしている。

 また、その他回答には「スキャナは購入せずに、レーザスキャニングサービスを利用して、点群データを入手している」という回答もあり、点群データの入手にはサービスプロバイダーを活用する方法もある。


Q7:リアリティモデリングソフトとして、どのソフトを使用していますか?

 「Autodesk Revit」が15%、「ReCap Pro(オートデスク)」が14%となった。いずれもオートデスク社のソフトウェアで、「ReCap Pro」でキャプチャした写真や点群データを
「Revit」で処理できるという点で、ほぼ同じユーザが回答したものと見られる。

 これに次ぐのが「ContextCaoture(ベントレー・システムズ)」だ。インポートした写真や点群データからモデル化するという点では、機能的にも優れており、ベントレー・システムズ社の製品の中でも売上高が世界的に伸びている。



     












㈱重化学工業通信社
 

このホームページに関するご意見・ご感想をお寄せ下さい。
    E-mailでのお問い合わせ
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は 株式会社 重化学工業通信社 に帰属します。
Copyright 2002~2021 The Heavy & Chemical Industries News Agency, all rights reserved.