エンジニアリング・ネットワーク
毎月10日・25日発刊
半年購読料:31,900円(税込)
年間購読料:53,900円(税込)


     


購読・サンプルお申込み  広告掲載について   バナー広告について   製品記事掲載について
企業別検索(News Record)  重化学工業通信社

 News Record  その他の記事          (2022年5月10日号)
※本文は一部を抜粋したものです、詳細はENN誌をご覧下さい

 日揮グローバル、サウジからGOSPを受注へ
 ズルフ向け陸上設備、受注額2,000億円超
日揮グローバルはまもなく、サウジアラビア国営石油会社ARAMCOからズルフ向けGOSP(ガス・オイル・分離プラント)を受注する。現在、最終交渉中で、まもなく正式に契約するもよう。ズルフ・フィールドは、サウジアラビアの北東沿岸40㎞のアラビア海にある油ガス田。プロジェクトでは・・・



 重工コンプレッサ、米からコンプレッサ受注
 シェブロン・フィリップスから
重工コンプレッサはこのほど、米国のシェブロン・フィリップス社から、テキサス州ベイタウンに建設を計画しているエチレンコンプレックス向けコンプレッサを受注した。今回の受注は、ベイタウンのシーダー・バヨウに増設するエチレンコンプレックス向け。



 川重、焼却炉DBOプロを受注へ
 長崎県で、落札金額355億円
川崎重工業は近く、長崎県県央県南広域環境組合からごみ焼却炉の建設・運営事業を受注する。DBO(デザイン・ビルド・オペレート)方式によるごみ焼却炉の建設・運営事業。川重は2026年3月までに日量95.7トンのストーカ炉3炉を建設した後、2046年3月までの20年間に渡り施設を維持管理・運営する。



 協栄J&T環境、PETボトルリサイクル原料製造工場を完工
 ボトル to ボトル原料を一貫製造
JFEエンジニアリンググループの協栄J&T環境がJFEエンジの津製作所(三重県津市)内で建設していたPETボトルリサイクル原料製造工場(「西日本PETボトルMRセンター」)はこのほど、フレーク工場に続き、ペレット製造ラインを完工し、全面的な商業運転を開始した。



 日揮グローバル・NTTドコモ、業務提携
 大規模プラント現場のDX化で
日揮グローバルとNTTドコモはこのほど、海外プラント建設分野のデジタル化を目指し、プラント建設管理プラットフォームの共同開発を目的とした業務提携契約を締結した。この契約により、両社はドローン、映像、AIなどのデジタル技術を活用することで、国内にいながら海外の・・・




 FOCUS  Back Number
 焼却炉の老朽対策需要を掘り起こせ
2030年度まで旺盛な更新需要が期待される国内のごみ焼却炉事業だが、足下では新型コロナウィルスの感染拡大や、工事費や資機材価格の高騰の影響が懸念されている。市場ははたして、どのように動くのか。一方、稼働開始から20年間以上が経過した焼却炉を持つ自治体は、今後の老朽対策工事への取り組みに力を入れている。老朽対策からはやはり、目が離せない。

【総 論】
 焼却炉の老朽対策需要を掘り起こせ
 潜在する48件、1万トンの老朽対策需要

【プロジェクトリスト】
 1990~2005年に稼動を開始した主な焼却炉と、老朽化対策工事




 Cover Story   Back Number   
 日量100トン未満の中小型炉でもごみ発電を可能にしたパネルボイラ
 シンプル構造でコストを削減、経済性を確保
ごみのエネルギーを有効活用するごみ発電は、地方では都市部ほど導入が進んでいない。理由は、地方ではごみが集まりにくく、日量100トン未満の中小型炉では費用対効果を得るのが難しいからだ。この問題に対して、日立造船は独自開発の小規模ごみ焼却施設用パネルボイラにより効率の向上に成功。これにより中小型炉でもごみ発電の経済性が確保できるようになった。



 My Opinion   Back Number   
 島田電機 島田 正美 代表取締役社長
 防爆スペシャリスト集団として歩んだ半世紀
 創業50周年、次の50年では水素・デジタル化への取組を強化
防爆のスペシャリスト集団として「尊い人命と環境保全」を経営理念に地道な事業を展開してきた島田電機。今年創業50周年を迎え、次の50年に向けたスタートを切った。社会は脱炭素、デジタル化へと変化するが、これからは防爆機器メーカーにとっても、水素社会やデジタル化への対応を無視できない。また非防爆機器の防爆化へのニーズは近年、高まりを見せる。創業50周年を迎えた島田電機の島田 正美 代表取締役社長に、「次の50年を見据えた」事業展開について聞いた。





  【見本誌 / 購読のご案内】  【広告掲載のご案内】   【リンクについて】





〈サイトマップ〉
 バックナンバー (2004~2022年)
 FOCUS (2004~2022年)
 TOPICS
    2022年  2021年
    2020年  2019年  2018年
    2017年  2016年  2015年  
    2014年  2013年  2012年
    2011年  2010年  2009年
    2008年  2007年  2006年

 Engineering Now
    2022年  2021年 
    2020年  2019年  2018年
    2017年  2016年  2015年 
    2014年  2013年  2012年
    2011年  2010年  2009年
    2008年  2007年  2006年

 News Record
    2022年 
    2021年  2020年  2019年
    2018年  2017年  2016年   
    2015年  2014年  2013年 
    2012年  2011年  2010年 
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年
    企業別検索

 My Opinion
   2022年
   2021年  2020年  2019年
   2018年  2017年  2016年
    2015年  2014年  2013年   
    2012年  2011年  2010年 
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年

 Cover Story
    2022年
    2021年  2020年  2019年
    2018年  2017年  2016年
    2015年  2014年  2013年
    2012年  2011年  2010年
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年

 Suppliers Now
    2022年  2021年
    2020年  2019年  2018年
    2017年  2016年  2015年
    2014年  2013年  2012年





ENN見本はこちらをご覧下さい



My Opinion 詳 細
島田電機 島田 正美 代表取締役社長



TOPICS 詳 細
・スチームトラップの世界を変える
 「STEAM・Z」

・アジア太平洋地域の地域拠点
 JGCAP、本格稼働



Engineering Now 詳 細
・横河電機、AIを活用して35日間の
 化学プラントの自律制御を実現



Suppliers Now 詳 細
・仏modec社のポータブル・バルブ・
 アクチュエーターが日本に上陸



㈱重化学工業通信社
 
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
このホームページに関するご意見・ご感想をお寄せ下さい。    E-mailでのお問い合わせ
著作権は ㈱重化学工業通信社 に帰属します。
Copyright 2002~2022 The Heavy & Chemical Industries News Agency, all rights reserved.