エンジニアリング・ネットワーク
 毎月10日・25日発刊
 半年購読料:29,000円+税
 年間購読料:49,000円+税



購読・サンプルお申込み  広告掲載について   バナー広告について   製品記事掲載について
企業別検索(News Record)  重化学工業通信社

 News Record  その他の記事          (2017年9月10日号)
※本文は一部を抜粋したものです、詳細はENN誌をご覧下さい

  日揮、インドネシア向けガス処理設備を内定
  8月下旬にL/I取得、10月中に正式契約
日揮はこのほど、現地エンジニアリング企業のレカヤサとともに、インドネシア国営石油・ガス会社であるプルタミナから、ジャンバラン・ティウング・ビル(JTB)ガス処理プラントの発注内示(L/I)を取得した。10月中にも正式に契約する。受注金額は300~400億円。

  焼却炉の入札・契約、相次ぐ
  タクマ、MHIEC、日造、三機工業が受注へ
今夏、ゴミ焼却炉プロジェクトの入札・契約が相次いだ。タクマは岩手県奥州金ケ崎行政事務組合から、焼却炉の基幹改良工事を受注した。既存の建屋を有効活用しながら、日量240トンのストーカ炉を延命化する。福井県南越清掃組合では、DBO(デザイン・ビルド・オペレート)方式による・・・

  日造、汚泥再生処理センターを受注
  熊本県で、受注金額38億円
日立造船~浅野環境JVはこのほど、熊本県宇城広域連合から、汚泥再生処理センターの建設プロジェクトを受注した。プロジェクトは、老朽化した既存施設の更新工事。日造~浅野JVは、1日あたりの処理量がし尿で13㎘、浄化槽汚泥で85㎘、計98㎘の汚泥再生処理センターを建設し、合わせて既存施設を・・・

  CST、次世代PMS「ARES PRISM日本語対応版」リリース
  国際インフラプロジェクト定番を国内企業に本格展開
千代田システムテクノロジーズ(CST)はこのほど、次世代プロジェクトマネジメントシステム「ARES PRISM日本語対応版」をリリースした。「ARES PRISM」は、米ARES Project Management LLC社が開発した製品で、CSTは日本市場の販売総代理店として、製品販売、導入支援、教育、技術サポートを行っている。


 FOCUS  Back Number
 本格回復を予感させる2017年度下期プラント市場
2014年半ばから原油価格が値下がり、世界的にプロジェクトが減少傾向にあった。現在でも、原油価格は40ドル台後半で推移している。この価格水準では、プロジェクトは動きそうにないと思われるかもしれない。しかしアジア地域では、経済成長を背景に、ガソリン需要が増加しているほか、原油価格の値下がりで、ナフサクラッカーの増設計画が浮上している。たしかに、産油国の潤沢な資金を背景とするプロジェクトは減少したが、経済成長を背景とする案件が具体化に向かっている。本格回復の予感もある。

【化学プロジェクト】
 底堅い経済成長を背景に、アジア市場が堅調
 米州では来年以降の発注を視野にLNGプロジェクトが具体化へ

【電力プロジェクト】
 「変化とチャンスが隣り合わせ」の国内市場に注目
 GTCC・バイオマス発電が具体化へ

【製鉄プロジェクト】
 鋼材市況の回復、高級綱需要の増加で投資再開
 ベトナム・インドで能力増強、中国で圧延設備の近代化

【環境プロジェクト】
 大阪・愛知・山形・埼玉でDBOプロ
 マレーシアKLプロは、年度末に決着か?


 Cover Story   Back Number   
 新日鉄住金エンジ、低環境負荷のリジェネバーナを納入
 インドネシアで省エネ型加熱炉向け、環境意識とともに高まるニーズ
新日鉄住金エンジニアリングはこのほど、インドネシアで省エネルギー型の加熱炉を完工した。大阪製鉄と現地の鉄鋼メーカー、クラカタウスチール社の合弁会社PT. KRAKATAU OSAKA STEEL向けの加熱炉で、首都ジャカルタ北西部の工業地帯、バンテン州チレゴンにあるクラカタウ工業団地内の形鋼・棒鋼圧延工場に納入した。加熱炉には、新日鉄住金エンジが18年間に渡り改良を繰り返してきたリジェネレーティブ(リジェネ)バーナを取り入れた。この技術により、従来技術である非リジェネバーナに比べNOx排出量を半減させると同時に、10%の省エネ、メンテナンス性の向上、均一な炉内温度分布を実現した。





  【見本誌 / 購読のご案内】  【広告掲載のご案内】   【リンクについて】


〈サイトマップ〉

 バックナンバー (2004~2017年)
 FOCUS (2004~2017年)
 TOPICS
    2017年  2016年  2015年  
    2014年  2013年  2012年
    2011年  2010年  2009年
    2008年  2007年  2006年

 Engineering Now
    2017年  2016年  2015年 
    2014年  2013年  2012年
    2011年  2010年  2009年
    2008年  2007年  2006年

 News Record
    2017年  2016年   
    2015年  2014年  2013年 
    2012年  2011年  2010年 
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年
    企業別検索

 My Opinion
    2017年  2016年
    2015年  2014年  2013年   
    2012年  2011年  2010年 
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年

 Cover Story
    2017年  2016年
    2015年  2014年  2013年
    2012年  2011年  2010年
    2009年  2008年  2007年
    2006年  2005年  2004年

 Suppliers Now
    2017年  2016年  2015年
    2014年  2013年  2012年
    2011年  2010年  2009年








ENN見本はこちらをご覧下さい





My Opinion 詳 細
・千代田化工建設
     取締役社長 山東 理二 氏

・日揮
   取締役社長COO 石塚 忠 氏



TOPICS 詳 細
・ENAA新理事長に大下元JFEエンジニ
 アリング社長が就任

・中期経営課題の実現に取り組む東レエ
 ンジニアリング

・JFEエンジ、ローカル鉄道線を活用
 した地域電力事業の検討に着手

・ベントレーとシーメンス、協業が生み
 出す新たな効率向上

・厳しい事業環境下でリブランドしたヘ
 キサゴンPPM



Engineering Now 詳 細
・「第18回 管工機材設備総合展 OSAKA
 2017」開催



Suppliers Now 詳 細
・精度を付加価値に換えるオーバル




㈱重化学工業通信社
 
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
このホームページに関するご意見・ご感想をお寄せ下さい。    E-mailでのお問い合わせ
著作権は ㈱重化学工業通信社 に帰属します。
Copyright 2002~2017 The Heavy & Chemical Industries News Agency, all rights reserved.